余裕を持つ

沢山の人と交流したら一人が駄目でも他の人がいるという気持ちになる

似た者同士のほうが会いやすい

出会い系サイトで次にすることはリストアップをすることが大切です。よく初心者の利用者がやってしまいがちな失敗例として多くの人が利用している中で一人に絞って相手を探そうとすることです。

どんな人が自分と会うのか分からない。ましてやプロフィール画面でしか相手を判断することが出来ないのにも関わらず一人に絞って相手とコミュニケーションをとるというのは非常に勿体ないですよね。

また一人に絞ってやり取りをしてしまうと余裕がなくなってしまいます。もしこの人に嫌われてしまったらもう出会いがなくなってしまうと思ってしまって相手に嫌われないように接してしまう人が多いのです。

そうなれば自分をアピールすることが出来ずに嫌われたくないように接するので積極性が欠けてしまいますので相手は魅力的に感じなくなってしまいます。

リストアップをして複数の人とやり取りをすることが出来れば例えこの人がダメでも他の人とは出会えるかもしれないと余裕が生まれて積極的に相手を誘うことが出来ますからぜひとも複数の人とやり取りをするようにしましょう。

その際にただ闇雲に相手とやり取りをすればいいというわけではありません。共通点が多い人から順に相手にアピールをしていきましょう。

住所と年齢が近い人からやり取りをしていけば即アポに繋がりやすいのでぜひとも共通点の多い人から順に最低10人とやり取りをするようにしましょう。

最初は沢山やり取りをするので面倒と感じるかもしれませんが、徐々にフィーリングの合う人だけが残っていくので2・3人に絞れてきます。

その2・3人とはかなりの確率で出会えると思います。どんな人が出会えるのかなんて誰にも分かりませんのでぜひとも色々な人とやり取りをしていきましょう。